女性用媚薬って一体何?どんな医薬品?の事を指しているの?

女性用の媚薬について

女性用の媚薬について

性に関する悩みはコンプレックスとして大きくなりがちで、あまり公に悩み相談できないという恥ずかしさや難しさも同時に抱えて深刻になる場合があります。

男性の精力剤に関しては広く知られているところではありますが、女性が抱える性力の弱さはあまり知られていないのが現状です。

中には性的興奮が弱くて好きな男性と性交渉にのぞむのが怖かったり嫌がられたりしないかと不安になってしまう女性もいて、そんな女性のために女性用媚薬が存在します。

女性用媚薬とは性的興奮を強めたり性交渉時の感度を高めたりする効果がある薬剤を指します。製品によっては数滴服用しただけですぐに効果が現れるという特徴をもつ媚薬もあります。

男性としては性交渉を女性にも楽しんでもらいたいと思うことが多く、そういった場合にマンネリ化を脱する目的で夫婦間でも使用するケースがあります。

また、女性側も性交渉をより楽しむために、感度を高めたいという目的のために使用することもあります。具体的に女性用媚薬に使われる成分とは、マカやガラナ、ざくろや高麗人参などがあります。

マカやガラナに関しては男性の精力剤の有効成分としても配合されていることが多く、性的興奮を強めるはたらきがあることが知られています。

また、ざくろは昔から女性ホルモンの分泌を促すことが知られており、媚薬の成分として利用されることが多くあるもののひとつです。

これらの成分は天然素材から抽出することができるため、たくさんの種類がある媚薬の中から選ぶ際により安全で効果を期待できる判断材料にすることもできます。

しかしながら、媚薬は使いすぎると吐き気やめまい、腹痛や下痢、頭痛などの副作用が出る場合があるので使いすぎには注意しなければなりません。

前述したように配合されている成分が安全に調製されているものかどうか、あるいは禁止薬剤が混入していないかどうかなどきちんと確認する必要があります。

特に海外製の場合は日本人女性と適量が異なっていたり日本では未認可の成分が使用されているという可能性もあるので注意しなければなりません。

服用の仕方も媚薬の種類によって異なっていて、たとえば妊娠中や授乳中、過剰な飲酒をしている場合、他の薬を服用している場合などは使用がい禁止されている場合があります。

というのも、媚薬の特徴として女性ホルモンの分泌を促したり体内のホルモンバランスに影響する可能性が高い成分を配合していることがあるからです。

しかしながら、少量の飲酒であれば逆に媚薬の効果を高めてくれるということも知られているため、媚薬の用法用量を守った上で相性の良いお酒とともに楽しむというのは良い使い方といえるでしょう。